Sonic Solutions  
ホーム 製品情報 サポート 購入
EUDORA
FAQクィック検索
キーワードで探す
例:
設定 再構築 インポート
FAQデータベース  
サブミッション ポートを使用したい
プラットホーム:すべて
バージョン:すべて

Eudoraでは、サブミッションポートの使用をサポートしています。「アウトバンドポート25ブロック」を実施しているプロバイダでの設定変更の必要がある場合は、下記の手順を確認してください。

Windows版では、「ツール」>「オプション」>「メールの送信」内の「サブミッションポート(587)を使用」にチェックを入れてください。

Mac OS X版では、「特別」>「設定」>「メール送信」内の「サブミッションポートを使用してください。(587)」にチェックを入れてください。

Eudora側の設定は以上で完了です。

※尚、サブミッションポートの設定が必要とされているサービスでは、SMTP認証(SMTP Auth)設定も同時に設定する必要がある場合があります。SMTP認証への対応方法につきましては下記のそれぞれのFAQ記事を確認してください。

Windows版、SMTP認証への対応方法の操作はこちら
Macintosh版、SMTP認証への対応方法の操作はこちら

※SMTP認証の必要の有無が不明な場合は、ご利用のメールサーバを提供しているサービスプロバイダかシステム管理者へお問い合わせください。

上記の設定が無い古いバージョンを使用している場合、下記手順に従ってポート番号設定パネルを表示させてください。

●Windows版
1.Eudoraを終了します。

2.Eudoraフォルダ(通常は、「C:\Program Files\Eudora」となります)内に「extrastuff」というフォルダがあります。

3.「extrastuff」内に「esoteric.epi」というファイルがあります。その「esoteric.epi」をコピーし、Eudoraフォルダに戻りペーストします。

4.Eudoraを再起動します。

5.Eudoraのメニューから「ツール」>「オプション」のカテゴリに「ポート」が表示されます。

※ポート番号はネットワーク管理者の指示がない状態で変更しないでください。
間違った数値を設定するとメールの送受信ができなくなります。

●Mac OS X版

1.Eudoraを終了します。

2.「Eudora Application Folder」の中にある「Eudora」をクリックした後、「ファイル」−「情報を見る」を選択してください。

3.「"Eudora"の情報」ダイアログが表示されますので、「一般情報」をクリックして表示されるポップアップメニューから「プラグイン」を選択してください。
されるポップアップメニューから「プラグイン」を選択してください。

4. 表示されるチェックボックスから「Esoteric Settings 6.0」にチェックを入れて、ダイアログを閉じてください。

5. Eudoraを起動して下さい。

6. Eudoraのメニューから「特別」>「設定」>「ポート/プロトコル」が表示されます。

●Mac OS版(Mac OS X版共通)

1.Eudoraを終了します。

2.「Eudora Application Folder」内の「Extra Plugins」を開きます。

3.「Esoteric Settings 6.0」ファイルを「Eudora Application Folder」内の「Eudora Stuff」に移動してください。

4.Eudoraを起動し「特別」>「設定」項目をご確認ください。

※ポート番号はプロバイダやネットワーク管理者の指示がない状態で変更しないでください。間違った数値を設定するとメールの送信/受信ができなくなります。

※ポート番号の変更は全てのアカウントに反映されます。複数のアカウントを別のポート設定でご利用の場合は、アカウントごとの別データフォルダから起動することで対応が可能です。下記アカウントごとのEudoraデータフォルダを複成方法をご参照ください。

Windows版のEudoraデータフォルダの複成方法はこちら

Macintosh版のEudoraデータフォルダの複成方法はこちら
最終更新日:2006-07-20 10:30:;カテゴリ:メールの送信; 記事番号:194